アキの「で、違いって何なのよ?(植物ミネラル編)」

こんにちは、アキです。

 

引き続き植物ミネラル

 

カルシウム 1.4%

リン  1.0%

カリウム 0.2%

イオウ 0.2%

ナトリウム 0.14%

塩素  0.12%

ケイ素 0.03%

マグネシウム0.03%

 

これなんでしょう?

なんか見るだけで
頭がくらっとする名前が
並んじゃいましたね。(≧∀≦)

 

まあまあ、
拒絶反応を起こさずに、

 

これは、
身体の『司令塔』と言われる
ミネラルの元素の分布です。

う〜〜ん
文字だけみるとややこしいですねー、

 

ミネラルが、
どれほど大切なのかは
前回までの記事で
少しご理解いただけたかな〜?

と、思ってます。

    アキの「何がそんなに大切なの?(植物ミネラル編)」

 

ややこしいけど
全て聞いたことがある名前
ばっかりじゃないですか?

これらが
絶妙に組み合わさって
人体に必要なミネラルなわけです。

 

その他の元素はおなじみの
酸素、炭素、水素、窒素です。

そして、
最初にある
ミネラルの割合だけを足し算すると

4%弱。

少な…

 

その他にも
亜鉛、マンガンクロム、セレン、
ヨウ素、鉄、銅などなど微微量にあります。

このバランスのミネラル
私たちの身体の中で
消化、吸収、代謝、排泄などの
あらゆる活動に
とても大切な役割を果たしています。

 

それが髪に何の関係が?
は、こちらから↓↓↓↓↓

 アキの「植物ミネラルの凄いチカラ」

 

 アキの「髪の衰えを防ぐために」

 

なんだか
スマホ📱のSIMカードみたいですねー

 

そうです司令塔だから。

この微量なミネラル
体細胞の情報活動の
調節の役割を受け持ってます。

ちょっと
最初の%(ミネラルの元素の分布)
に戻ってもわかるように、

『ミネラル』って書いてあれば
なんでもかんでも良い
というわけでもないって事が
なんとなくわかりますよね?

 

M3.5のミネラルが
植物ミネラルと、書きましたが
正確には野生植物ミネラルです。

イタドリ、ヨモギ、カヤ、スギナetc
数十種類の野生植物からのミネラルを
最高のバランスで組み合わせて作られています。

 

『何で野草?』の疑問ですか?

 

以前に書いた
『身体は異物を取り込むと
異常に酸素を発生させて退治しようとする』
活性酸素を発生させる、
でしたね。

 

無作為にただ『ミネラル』という
ネーミングだけでミネラルを取り込むと
逆に『活性酸素』の元になります。

人工的な栽培植物の場合は
ケイ素や肥料に含まれるカリウムや
リンの割合が多くてバランスが全く違ってくるのです。

 

バランス悪いと意味ないですよね?

 

M3.5のアンチエイジング効果や
髪、頭皮への浸透の良さは
このミネラルバランスの違いによるものなのです。

 

そしたら
こちらの『植物灰エキス』『灰』の意味は?

 

少々マニア的な内容が続きますが、

興味のあるあなただけ
気長にお付き合いください。