アキの「まるわかり(^^)電子トリートメント縮毛矯正」

こんにちは、アキです。

 

湿度が、
だんだんと高くなってきて
そろそろ縮毛矯正シーズンですね。

縮毛矯正や
デジタルパーマなどのコースを
何回か施術されていると

『これが終わったら次はあれかな?』

と、想像がつきますが、
初めてだと……

終わりのない旅…

ですね。
(次はこうです、と言われても…)

 

そこで、
今日のお客様の工程を
順を追って書いていきたいと思います。

 

まずは、こんにちは(^^)
カウンセリングです。

最近の髪の調子や
スタイルなどをあれこれとお聞きします。

 

本日、T様

縮毛矯正は去年の8月が最後、
癖が限界になってきたようです。

 

乾いている髪の状態でまずは、
しっかりと電子トリートメント
全体につけていきます。

 アキの
「電子トリートメントと
他のシステムトリートメントの違いって何?」

 

乾いた髪は
スポンジのように吸収してくれます。
(髪の状態によっては、先にシャンプーをする事もあります)

 

電子チャージで
水分補給をしながらカットをします。

ベースとなるカットをして
細かなところは
矯正が終わってから整えます。

 

カットを終えたら再度、
電子トリートメント追加

 アキの「だから『電子チャージ』」

 

10分ほど遠赤外線で温めて
さらに、
じっくりと電子チャージ。

 

今日のT様の薬剤セット。
直前に髪に合わせて調合します。

 

癖が強いところや
髪質が頑固な場所から順番に
薬剤を塗っていきます。

 

綿帽子のような姿で約20分。

この間も
M3.5を振りながらひたすら保湿保湿(^^)

 

20分経ったら
よーーく薬剤を洗い流して
天然果汁シャンプーを使ってシャンプーします。

ここで、
しばしのリラックス。

 

さて、
ここからが本番のアイロン工程です。

 

と、その前に
シャンプーの後にも
髪の弱いお顔周りなどにも
たっぷりとM3.5を補給。

 

少しずつ、
場所ごとに
ドライヤーで乾かしながら
アイロンで癖を伸ばして形付けていきます。

 

その後、
定着の薬剤2液というものをつけて、
5分。
(写真の枚数が入りませんでした)

5分経ったら
再度電子トリートメントシャンプー。

 

やっとおしまいですねー(^^)

 

後は、
マッサージで座りっぱなしで
固まった背中や頭、肩をほぐして、

スタイリング。

 

長い間お疲れ様でしたー。

 

電子トリートメント縮毛矯正
髪質、長さ、スタイルによって
かかる時間が変わります。

時間に余裕を持って
ご予約をいただけると幸いです。

 

次の記事

チエの「贅沢に…」