アキの「ナノコナ美容液の紫外線効果について」

こんにちは、アキです。

 

さてさて前回の続きで

アキの
「お気に入りの『ナノ粒子パウダー型美容液』❣️
販売を始めます」

 

『ナノコナには日焼け止め効果があるの?』

についてです。

 

答えとしては
『日焼け止め効果はありません』
です。

紫外線散乱剤、
紫外線吸収剤は
配合されていない。

と、言う意味です。

 

ただ、
私個人の意見としては
生活の中で、
紫外線のダメージから
最大限に守ることが出来る。

と、考えています。

 

どうして?

 

それはですね、
紫外線にはA波、B波、C波とあって、

 

A波
肌の奥深くまで届いて
肌の内部に活性酸素を作り出す。

コラーゲンやエラスチン
破壊皺やたるみを作る。

 

 

B波
肌の表面が赤くなるのがB波のダメージ。

肌の表面での活性酸素の発生は
過剰なメラニンしきそを作り
シミやソバカスの原因に。

 

 

C波
オゾン層破壊の怖いやつ。

 

と、簡単に
紫外線のダメージについて書いてみました。

この辺は、
みなさんもよくご存知だと思います。

 

そして、

SPFやPAの成分って
どんなものが使われているでしょう?

かなりたくさんあります。

ググると、
呪文のような名称が並んでます。

アレルギー反応が出る成分も多々。

UV化粧品を重ねても
100%紫外線を防止する事はできません。

 

先に
コラーゲンやエラスチンと、
出てきましたね。

紫外線の攻撃が何をするかというと
コラーゲンの繊維を
『プチップチッと切断します』

乾燥した寒天やゼラチン
パキッパキッって
崩して行くようなイメージです。

その状態が続いて
シワやたるみになります。😰

 

では、

寒天やゼラチン
水で戻してあったらどうでしょう?

パキッ!!

とは切断できませんよね?

 

日々の活動の中で、
少なからず
受けたであろう
紫外線の影響を
出来るだけ少なくするためには

肌のコンディションを万全にしておくのが一番!

 

そして、
B波の攻撃からの
シミ予防に対しても同じです。

上の文で
『活性酸素』という言葉
A波にもB波にも出てきました。

活性酸素の発生を
なかった事にするにはまずは、
肌の自己回復力を高めること。

 

保湿!

 

1番はまずM3.5,

 

活性酸素を
強力にやっつけます。

 アキの「植物ミネラルの凄いチカラ」

 

まずは
M3.5ありきですが、

女性の場合、
紫外線ダメージの為に
いっつもM3.5をのべつまくなし
お顔にふるわけにはいかない場面も
多々ありますよね。

お買い物の時の室内の冷房。

オフィスの乾燥。

例えば食事やかしこまった場所。

どんな場所へ行くにしても
昼間であれば紫外線は避けられないし、
夜であっても冷房で乾燥します。

そんな時に
お肌に何かつけるにも、
液体ではメイクが台無しになってしまう。

 

そこで、

ナノコナ❣️

 

バッチリと
肌水分をコントロールして
美容液成分を届けます。

お肌の水分が万全であるだけで
紫外線ダメージはかなりの割合で

なかった事になります。

 

これが私の考える
ナノコナの紫外線に対する効果です。

 

日焼け止めクリームを塗ると
化学成分オンパレードに負けて
肌荒れを起こす私の個人的な意見です。

 

 

という事で、

半期に一度の大感謝祭

CORASON
COSME FAIR
2019-
summer

開催中です!!!

 

開催期間を18日延長して
2019年5月29日(水)~

2019年7月15日(月)まで

もちろん、
お買い上げだけのご来店も大歓迎です♪

絶対に、お見逃しなく!

アキの「ナノコナ美容液の紫外線効果について」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。