アキの「何がそんなに大切なの?(植物ミネラル編)」

こんにちは、アキです。

 

前回の植物ミネラル続きで、

『良質なミネラルが身体には必要』

と、表現しました。

    アキの「植物ミネラルの凄いチカラ」

 

では、
髪の毛だったらミネラル不足が
どんな事を引き起こすのか?

 

毛根(髪の毛も含めて)は
『タンパク質』ですね。

もちろんタンパク質は
水分不足では何の活動もしてくれません。

 

例えば自然の植物、
お花💐でも想像してみて下さい。

 

このお花🌼
土の中の栄養素
(ミネラル)を吸い取って、
とっても綺麗に咲いてます。

 

そうそう、
土の中には
何十種類ものミネラル分が含まれてますよね?

でも、乾いた土だと?

 

水分不足の土だと
よほど生命力が強い種でないと
栄養を吸い取る事が出来ず
枯れて行ってしまいます。

栄養分=土の中のミネラル
も、水分がないことには
役に立つことが出来ない。

 

髪の毛も
このお花💐と
同じと考えてみると
どうでしょう?

 

ここで
『ミネラル』の重要な役割
に繋がります。

身体の中で4%しかなく、
しかも
自力では作り出す事が出来ない。

そして『タンパク質』

この『タンパク質』が
なかなかワガママさんで

『ミネラル』がないと働きません!

そうです。

 

毛根も頭皮も
ミネラルと水分が
ないと
活動してくれないんです。

 

せっかく元気な髪を生やそうにも
働けないから待機し続けて
枯れちゃうんです(涙)💧

 

以前に書いたミネラル劇場
↓↓↓↓↓↓↓

  アキの「奪われるもの」 CORASON公式

 

そして、
ミネラルが不足すると
タンパク質を髪の栄養素として
活用できなくなってしまうので、

髪のパサつき

抜け毛

薄毛

白髪&

頭皮が薄くなる

などの影響が出てきます。

そして、
水分がないと
ミネラルだって働きようがありません。

 

しかもミネラル、

身体にもとっても大切なんです。

 

糖質、
脂質、
タンパク質
などの
食事から摂った
栄養素の
代謝のために働いたり、

コラーゲンの生成にも役に立ち、

4%しかないにもかかわらず
体に凄ーーく重要な役目。

 

果たして
毛根の分まで余るでしょうか?

この『大酸化時代』に?

 アキの「髪の衰えを防ぐために」

 

なんとなく無理っぽいですよね?

頑張って20代までかな?

…と

 

だから髪のためには(お肌も!)
身体に本当に必要なミネラルを
外側からも補う必要があるんです。

 

そのミネラルを
たっぷりと含んでいるのが

電子トリートメントの『M3.5』

 

じゃあ、
他のミネラルとどう違うの?

 

を、次回に続けたいと思います。

 

アキの「何がそんなに大切なの?(植物ミネラル編)」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。