アキの「培養上清液って??幹細胞じゃないの??」

こんにちは、

素髪と素肌を大切にする
美容室コラソンのアキです。

 

予想以上に『テラステム』
(幹細胞培養上清液配合のクリーム&セラム)
を、美容に敏感な女性客様に好評です!

アキの「幹細胞培養上清液配合の美容液&クリーム『テラステム』、”あぁこの差なのか…”の納得の正直な感想」

 

 

そこで今回は!

幹細胞とか幹細胞培養上清液とか
幹細胞化粧品とかとか
何がどう違うのかさっぱりわからない〜〜〜
同じじゃないの??

とのお声から、
まずは『幹細胞コスメ』と聞くと、
あたかも幹細胞自体が化粧品の成分中に
入っているかのようなニュアンスで伝わりがちですが、

そうではありません。

なので、どこかで

こちらには、細胞レベルで若返る
幹細胞が入っているんですよーー!

と、言われたら
軽くスルーしてください。

こんな表現はしませんし、
幹細胞そのものが入ってるなんてありません。

 

 

培養上清液ってなんだろう??

 

はい、本題に入ってます。

“ヨーグルトの上澄み部分には
(ホエイプロテインなど)
上澄みには栄養が詰まっている”

って聞いたことありませんか??

 

培養液、
いわゆる上清液というのは
かつては『ゴミ』と言われていて
ずっと捨てられていたものなんですネ。

ヨーグルトの上澄み部分なども
そうとは知らずに私は捨てていました😅

先人の知恵って凄いなぁ〜と感じたのは
赤ちゃんに👶お味噌汁を飲ませる時に
そのままでは塩分が強すぎるため
お味噌汁の上澄み部分だけを飲ませる
ということを昔からしていて、
当たり前のように知っていたんですよねー

現代のテクノロジーは凄いですが、
それ以上に
先人の生活の知恵も凄いなぁ〜
と思わざるを得ないのです。

そこで、
その上澄み部分には
栄養が満点に詰まっている…

というところから
幹細胞培養上清の技術が
どんどん進んできたそうです。

 

デメリットもあって、
培養上清の技術は
世界中のいろんなところで進んでいて
だからこそフェイクも多いようです。

培養上清液をつくるためには
大量の幹細胞が必要なんですね、

 

そりゃそうだ!と思います。

 

例えば、…

例えがあまりにも身近すぎますが
生オレンジジュースを絞って
上澄み部分を
充分な量100人に飲んでもらおうと思ったら、
一体何万個オレンジ🍊を絞るのか?

どんな分野でも、
特に化粧品となれば一般に知られ始めると、
質の悪い細胞を大量に培養したり、
そもそも
“どこの国の誰のものかわからない”
物を培養して

高価なクリームにしたりとか😤

 

もしもあなたなら

①健康で若く、
主要ウイルスなどの有無を
厳しく検査して
培養された高価な上清液が
配合された化粧品

②国籍、年齢、病気の有無を問わず
培養された上清液配合の高価格で
広告が魅力的な化粧品

どちらを選びますか?

 

“いや、
選んだのはあなたですし自己責任でしょ?”

…と言われてしまえばそこまでですが
それでは安心して使えませんよね?

 

なんでもそうだと思いますが
『どこで?』『どんな基準で?』
つくられたのかを知らずに使うのは
かなりのギャンブルではないでしょうか、

 

実際
『テラステム』『上清液の質』を求めて
かなりの時間を要したそうです。

それだけ上清液の質が大切なのは
上清液には『成長因子』=『サイトカイン』という
肌にとても重要なタンパク質
豊富に含まれているからなんです。

 

また新しい言葉が出てきました♪

そろそろ終盤になりそうです
次は『サイトカイン』って何?に続きます。

 

コラソンはおかげさまで21歳
ありがとうございます