アキの「癖毛のお悩みモシャモシャに膨らむ原因、結合水と自由水」

こんにちは、

素髪と素肌を大切にする
世田谷区の美容室コラソンのアキです。

 

今回は髪の毛の水分についてのお話。

癖毛がなぜ膨らむのか?
にも関係します。

 

髪の毛の水分量とか保湿となど
髪の水分量にまつわる言葉って
だいたい決まっていますが、

『じゃあその水分って??なんのこと?』

と、なると
けっこう説明が難しいなぁ〜と

そうそう、
非常に説明しづらいんですよ
全てに関わってくるから😩

 

まあ、
でもこの先を飽きずに読んでくださるなら
髪だけでなく
全部につながっていると解釈して
読んでみてくださいね😌

 

髪が濡れたときや、
ツルツルと手触りがよくなったときの水分
又は
湿気でボワボワに膨らんだときに悪さをする水分、

実は
大まかにそれぞれ呼び名があります。

 

 

結合水自由水

おまけで吸着水

なんだそりゃ?
って呼び名ですね。

どこからそのネーミングになったかは不明

化学的な本当の言葉はわかりません🙇‍♀️

 

まず、
髪にとっても頭皮にとっても大切なのが
結合水

この結合水のことを総称して
髪や頭皮に必要な
水分のことを言います。


では
その結合水の役割ってなんなの?

地肌や髪の毛の水分量の基礎になるタンパク質や脂質などの生態組織と強く結びつく』

なんだか難しい〜〜
って感じですね。

 

要は
結合水とよばれる『水』が髪や頭皮の大切な水分

ということです。

なので
『水分不足』というのは
この結合水が足りない状態のこと。

 

キョロキョロじゃあ結合水が足りないってどんなことが起きるの?

 

それはですね、
髪が健康な状態を保つための
基礎になる水分を保つチカラ
弱くなってしまったということになり、

髪全体の弾力やしなやかさ、
柔らかさが
低下してしまいます。

要は
畑の植物が
干ばつで枯れてしまい
カラカラに干上がっている。

こんな感じ↓

 

結合水は
オイルやクリーム
その他の化学物質系では補えません。

そのためコラソンでは
M3.6の天然植物ミネラルを使って
本来髪に必要な(もちろん肌も)
結合水を充分に補給できるようなケアをしているんですよ(^^)

 アキの「植物ミネラルの凄いチカラ」

 

一方の自由水は、
湿気や蒸気など空気中にある水分のことです。

 

この自由水は
ドライヤーなどを使って髪を乾かすと
離れたりまた、
湿度が高い環境にいれば
髪の中に勝手に入り込んだりと
簡単に髪に出入りします。

湿気で髪がまとまらないのは

髪の内部が結合水不足になっている場所に
自由水がランダムに入り込むからで、

ランダムに入り込まれると、
出るのに苦労しませんか?満員電車みたいに

一度入り込んだ自由水は
なかなか出られず
どんどん髪は膨らんでいっちゃうのです。

 

だから!🌟

自由水(湿気)が
簡単に入り込まないように
常にM3.6
結合水を満タンにしておく
必要があるんです。

 

本来ならね、
子供のように自力で肌も髪も
プルプル状態にできるのがベストなんですが、
残念ながら、
加齢やストレスなどが原因で
内側の水分量が減るのと、

カラーリング、パーマ、
ブローやアイロン、
空気の乾燥、日差しなどの
外側からの影響による乾燥で
日々私たちが必要とする水分は減り続ける…

えーんあーぁ〜って感じですよね?

 

だから常に
水分補給はしなくてはいけない

えーたまにしっかりとお手入れでは
間に合わないんですねー。

 

モシャモシャ髪にならない為に
日々の髪のケアに加えて
美容室での1〜2ヶ月に、
一度の定期的なケアはとっても大切‼️

  

お願い『水分水分ってなんのことよ〜?』

って感じていたら参考になれば幸いです。