アキの「自然派化粧品の真実。M3.5やC7が何故医療従事者の方に人気なのか?」

こんにちは、アキです。

 

今日は自然派化粧品について。

女性は『自然派』
と言う響き好きですよね。

 

『自然派シャンプー』
『天然成分を配合』
『無添加化粧品』
『天然原液シリーズ』
『ボタニカル』etc

ちょっとだけ
気にしている風の女性が引っかかる、
この自然派化粧品、自然派シャンプー。

 

『なんか良さそう❣️』

 

科学的な知識の無さから、
美容師やエステティシャンでさえ
自然派化粧品と主張する偽商品を
せっせと勧める方々がいらっしゃいます。

 

大切な事をお伝えします。

自然派化粧品のうち、
95%はそれ以外の安い化粧品よりも
肌、髪に悪いです。

 

何故?

 

自然の物は腐るんです、

と、言う事は?
そのままでは化粧品には使えない。

そこで必ず
大量の防腐剤、保存料、防カビ剤なんかを入れます。

 

もちろんこれらは
普通の化粧品ならどれでも入っています。

M3.5以外のコラソンの商品も
例外ではありません。

ただし最小限です。

ちなみに、
M3.5は100%天然成分です。

 

水…限界までの超純水

海水…海洋ミネラル

植物灰エキス…植物ミネラル

 

『自然派』と呼ばれる化粧品は
使用されている『自然な成分』が
当然ながら自然なだけに腐りやすい。

だから

防腐剤をもっと入れなくては いけない‼️

保存料をもっと入れなくてはいけない‼️

その結果、
裏書きを見てみると
成分…水、BG、……

水、パラペン…

水の次に保存料が入ってます。

 

じゃあ、
この配合されていると言う天然成分◯◯って?

…◯◯は?
と見ると最後の方に書いてある。

化粧品(シャンプー含め)の裏書きは
配合量の多い物から順番に書く
という法律上のルールがあります。

 

つまりは、
『水に保存料をたっぷりと入れた水溶液にちょこっと天然エキスを混ぜました』

と言うのが、
自然派化粧品の実体です。

だから、
その辺の安価な化粧品よりも
肌に悪いし効果もありません。

そこにあるのは
『少しだけ高めで自然な物を使っている私』
という満足感だけ。

その自然派は、
本当は自然でもなんでもなく、
単なる保存料、防カビ剤、殺菌剤エキスが
たっぷりと入った液体で肌には害にしかなりません。

 

さらに、
化粧品で使われる自然の物について
例えば
『肌内部まで浸透する◯◯エキス』
とか
『肌の奥まで入り込み』
とか色々と謳われてはいますが

有機物
(燃えると二酸化炭素を発生する物質=自然原料の物もそうですね。)

そう、
有機物の類は肌の内部には入らないんです。
細胞膜のバリアがあるからです。

じゃないと暮らしていけませんよね。

 

料理をする人なら
おわかりだと思いますが、
玉ねぎのみじん切りが
飛び跳ねたエキスとか、

味噌汁を味見した時に、
唇の端にちょこっとついた汁が
いちいち肌の内部まで浸透していたら
大変な事になってしまいます。

よほど元素に近い分子量の成分でないと
細胞膜を通過して細胞の中には入りません。

だから人為的に、
マイクロカプセルとか高圧で
超細かい微粒子にする必要があるんです。

 

ちなみに、
人為的にマイクロカプセル化されたのが
『C7』です。

そうしないと
『ピュアビタミンC』は肌の内部へは入れないんです。

 

そうした工夫もないのに
入るわけがありません。

いくら濃度を濃くしても同じ事です。

だから
『原液シリーズ』なんて
化学の知識が少しでもあれば
絶対に選ばないのです。

 

その点、
化学の知識に明るい、
女医さん薬剤師さん、看護師さん、
介護士さんなどの医療従事者に選ばれる物は
間違いがないんです。