アキの「電子トリートメントと他のシステムトリートメントの違いって何?」

こんにちは、アキです。

 

昨日の記事で書いた
『髪が栄養失調で軽くなっちやってる』

ってどういう事?

 綺麗な髪を取り戻すために

 

ですが、

今日は、
電子トリートメント
一般的な
システムトリートメントとの違いを
説明します。

 

それによって

髪が軽くなっちやってる…って?

が、
なんとなくわかっていただけるかな?
と、思ってます。

 

電子トリートメントと
システムトリートメントの違いって
生花とブリザードフラワー
の違いに似ています。

 

まずは生花

 

生花の中でも
野に咲く花💐のほうですね。

これが、
電子トリートメントをした髪に当てはまります。

 

土からの栄養分と水分を
たっぷりと吸い込んでみずみずしい状態です。

ちゃんと水分を与えて
土も乾かない状態で保てば
その花の寿命を全うします。

 

電子トリートメントの場合は
髪はもちろん頭皮、毛根にも同時に
必要なミネラル&水分を与える事が出来るので、

野に咲く花と同じように
何も飾らず自然体の質感を保てるんです。

毛周期の終わりで抜けるまで。

 

 

次はブリザードフラワー

生花と見間違うくらいキレイですよねー

 

こちらは例えれば
俗に言うシステムトリートメント。

色々重ねて塗って保護していくタイプ

ブリザードフラワーは
生花や葉を特殊な液の中に沈めて、
水分を抜いた状態にしたお花の🌸ことですね。

髪の場合は
水分を抜くとまでは言いませんが
水分が足りていない状態の髪の毛に
色んな化学成分を重ねて
保護膜を作りながら髪を綺麗に見せるトリートメント。

どちらがどうとかは無く
それぞれの考え方、
求めるものの違いです。

 

コラソンは
野に咲く花方式を選んだということです。

 

天然の水分&ミネラルを
頭皮にも毛根にも髪にも
まんべんなく与えて
その人が持っている素材で
今あるベストな状態へ導く。

 

薬品で加工されたお花も
もちろん素晴らしくキレイ。

でも、
みずみずしい生花の美しさにはかないませんよね。

 

 

今回は、
例えとしてお花💐で比較してみました。