アキの「髪の衰えを防ぐために」

こんにちは、アキです。

 

前回の記事で
加齢毛について書いてみました。

 アキの「その髪のパサつきは傷み?それとも・・・」

 

そこで考えても見たところ
その昔、私がまだ20代の頃は
4〜50代の髪に対して
そこまでパサつきを感じてはいなかった気がします。

 

『もしかして自分の目線がまだ未熟だったせいなのか?』

と、考えてもみましたが

どう思い返しても
髪が弱っているという感覚は
60代のお客様でも
病気でもない限りは当時は感じられなかった、

『あれ?これまでの常識はもしかしたら通用しないのかも?』

と、
お客様の髪、頭皮に対して
本格的に危機感を感じ始めたのは
約10年前くらいから。

 

システムトリートメントでの限界。

 

 

そこから探し始めて
5年前に出会ったのが
電子トリートメントなわけなんですが、

ではどうして髪(肌も含めて)
衰えが速くなったのかなぁ?

と紐解いて行くと

過去
私たちの祖先近いところでいくと
明治生まれのおばあちゃん達の時代には
生きて行くための糧のほとんど全てを

自然由来、天然由来

の物に頼って来ました。

食べ物が1番身近ですね。

カップラーメンとかなかったし。
(皆さんは食べないかもしれないけど)

 

そこから物凄いスピードで
それらを合成化学物質
置き換える時代になったわけです。

今だって、
自然自然!とは言っても結局は
『合成化学社会』 ですよね、

 

人類が
これまでに生み出してきた化学物質は
5000万種を超えているそうです

 

 

利用分野も幅広く
私たちが便利で快適な生活
現代生活で送るために
化学物質なしでは成り立ちません。

 

そして、
『髪の衰え』に話を戻していくと、

 

じゃあなぜ、

加齢毛低年齢化してきたのか?

 

大自然の草原のなかで
自給自足生活でもしてない限り
今の女性たちは情報含め、
色んな合成物に囲まれて生活してますよね。

化学物質、
ストレス、
その他含め
異物を取り込んだと身体が判断すると

私たちの体は異物を排出しようと攻撃をしかけます。

その時に体内には過剰な酸素が生じます。

それが俗に言う『酸化』

 

その酸素が
身体の色んな部分を酸化させ
老化を促進する一因になっています。

『大酸化時代』が今。

 

10年前、
20年前よりも確実に
パサつき髪は増え肌トラブルも増え、

医療も進歩して
溢れるくらいに商品も情報も
身体に良いという物もあるのに

アレルギーの人が増えている、

っておかしくありませんか?

 

ではどうすれば良いのか?

 

『還元』です。

 

 

還元力のある物を使い
酸化が今以上に進まないようにすることなんです。

 

サビにくい髪や肌にすること

 

 アキの「綺麗な髪を取り戻すために」

 

 

その手段の最強アイテムが

電子トリートメント。

 

食べるものやサプリを
内側美容とすると

ヘアケアやスキンケアは
外側美容。

どちらが欠けてもいけません。

 

50%の外側美容

 

30年間の私の美容生活の中で
これ以上の物はないと
確信できたアイテムで
日々
外側美容のお手伝いをしています。

 

アキの「髪の衰えを防ぐために」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。